So-net無料ブログ作成

マリオネット上映 in 東野高校


去る9月29日と30日に、東野高校の村祭り(学園祭)にて「マリオネット」上映が体育館で行われました。
会場にはSERIKAのドレスも展示され、いい雰囲気。卒業生のご協力もあって、音響も素敵な感じになりました。大入先生をはじめ上映にご協力いただいた方々、製作上映支援委員会には本当にお世話になりました。

あいにくの雨で29日の客足はまばらでしたが、30日は朝から多くの方が見に来て下さり、特に卒業生のお母さん方に喜んでいただいている様子でした。東野高校のどこで撮影されたのか分かるお客さんは、「これあの建物だ」などとささやいたりしていました。ロケ地での上映ならではですね。

会場にはアンバーちゃんとそのご家族、音楽の赤城さんやのさん、美術やケータリングのスタッフとして参加して下さった方々などが見に来て下さいました。
また機会がありましたら、この素敵な学校で上映をさせていただきたいものです。

さて、次回からまたブログ上インタビューに戻ります。
『マリオネット』の天才作曲家陣の一人・赤城忠治さんのロングインタビューが始まりますよ!お楽しみに。


 映画「マリオネット」の詳細はhttp://www.no-work.com/marionette/


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

モリタケンジ(照明)vs古波津監督 対談#2


古:  この映画は基本的にどのシーンもとてもデリケートだったと思うけど、一番難しかったのはどういうところだったんでしょう?

モ:  オープンでライトが、使えない所は難しいです。太陽と雲は、扱えませんから。

古:  すごいのは外で煙作ってたでしょ?あれが面白い効果だった。あれは普通、照明さんの仕事じゃないよね?空気感を出す素晴らしいテクニックだけど。

モ:  普通は、特殊効果(SFX)の専門家が 受け持つ部分です。今回は、張り切ってやらせて頂きました。ワルツのシーンでは、ライトの次に重要でしたからね。

古:  そう、部屋の中でもモクモクやりましたね。あれで奥行きや神秘的な雰囲気が倍増!あれが映像に貢献した役割はかなり大きいです。全編見渡して、モリタさんとしてはどのシーンが好きなの?

モ:  最初の方で 男が目覚めるシーンが割と好きかな。あそこもちゃんとLighting作り込みましたからね...全編好きです。そろそろ 1年経つんだね。楽しかったな~。

古:  いやあ本当に楽しかった。っていうかモリタさんいつも楽しそうだけど。
さて、次回は東野高校学園祭「村祭り」の『マリオネット』上映レポートをはさみます。



 映画「マリオネット」の詳細はhttp://www.no-work.com/marionette/


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。