So-net無料ブログ作成
検索選択

NICO(ヘアメイク)vs古波津監督対談#2

nico6.jpg

pri1.jpg

古:  この屋根の上で二人が布を広げるところでは、彼女が後ろ向きに写った瞬間、すごく美しい編 み込みが見える。あれはどういう発想で作ったの?

ニ: あのヘアーが一番のお気に入りかなぁー。私のテーマになったのは作業感!
ストーリーの中で2人で同じ仕事、作業することでより相手の事を想う片思いみたいな気持ちのシーンで、彼(ヴァンソン)の仕事をさせてもらっている敬意が出せればと思いました。プリシラのヘアーは、異国感を大事にしました。
それから、初めてプリシラにお会いした時にセンターパーツに、コメカミのラインをボリューム付けたラインが似合うっ!と思い絶対取り入れたいヘアーでした。
後ろからみる編み込みは、作業感からきっちり固く編み込み、形は、コスチュームのSERIKAさんの赤いドレスの胸の刺繍(ステッチ)から連想して作りました。

古: 二人が王冠やランプシェード被せられたりして立たされる、『セレモニー』と呼ばれてるシーンがあるでしょ?あそこのヘアーは一瞬しか見えないけど、強烈ですごく面白いね。どうやって作ったの?

作り方
針金にすき毛で土台をつくる
プリシラの髪の毛を細かくブロッキング
針金土台を乗っけて、髪の毛をはわせる
一つ一つ形が出来たら真ん中に、揺れて光ると言ってジュエリーのmugyuさんに作ってもらった、アクセサリーを付けさせてもらいました!全体がすごく重くなっていて、女優のプリシラには、感謝の気持ちで一杯です。
『ありがとう‥プリシラ!!』

古: 次回、おもしろヘアーの謎に迫ります!お楽しみに。

 映画「マリオネット」の詳細はhttp://www.no-work.com/marionette/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。